神戸市 灘区 幼児向け発達支援事業所 もも (4歳児・5歳児・6歳児のお子さま向け)特定非営利活動法人じゅら

ももの工夫

子どもたちが過ごしやすいようにするための、ももの工夫を紹介します

子どもへの対応

子どもたちがのびのびと過ごせるように、スタッフは言葉遣いを始め 対応に気を配っています。
「◯◯するのはだめ!」という否定からはいるのではなく、 「こうしたらもっと素敵だよ」「ゆっくり歩いたほうが安全だね」などと、 子どもの自尊心を伸ばすような対応を心がけています。

また言葉よりも絵のほうがわかりやすい子どもに関しては イラストカードでお友達との接し方を説明しています。

カレンダーにもわかりやすい工夫が
絵で見るとすんなり頭に入ることも

がんばりシール

日々の頑張った事を目に見える形にした 「がんばりシール」は子どもたちに好評です。

今日一日で頑張ったことは何か、子ども自身に発見してもらい、 さらに発表をして、シールをもらうという流れで行います。
頑張ったことへの気づきを促したり、 評価されることや褒められる経験を積み、自尊心を伸ばしていきます。

皆シールが励みになっています

手作りの療育道具

「もも」の自慢のひとつがこの「手作りの療育道具」。
子どもの発達に合わせて、数え切れないほどの道具が用意されています。
感覚の統合や、色・形への認知を高めるなど、複数の効果があるものがほとんどです。

ももについて
児童発達支援事業所 もも
〒657-0833
神戸市灘区大内通2丁目1番5
TEL 078-202-5619
FAX 078-202-5619

11:00〜17:00
(サービス提供時間)
幼稚園からの送迎有
土日休 祝日と長期休暇は営業

ご利用希望・見学のお申し込みなど
気軽にお問い合わせください。


求人情報を医療介護求人サイト「ジョブメドレー」に掲載中